ウレタン防水の環境対応力

環境6基準適合ウレタンゴム系防水材自主規制 略:「環境6基準システム」

ダウンロード

「環境対応型ウレタン防水材システム」 認定制度

 日本ウレタン建材工業会は、環境問題の全地球的・全人類的な重大性に鑑みて、日本建築仕上学会の環境宣言に賛同致します。

当工業会は、環境負荷の低減に寄与する独自の「環境対応型防水システム認定制度」を設定、2002年4月よりスタートし環境対応の進展を図っております。

「環境対応型ウレタン防水材システム」認定取得製品システム

認定委員会における審査の上、当工業会理事会に報告され、理事会承認を得た、現在適合と判定されている22システムです。

当該22システム製品はNUKから「認定証」および「認定マーク」の使用許可通知が送付されています。

認定マーク

ダウンロード

ホルムアルデヒド「F☆☆☆☆」の自主認定機関の発足について

技術委員会 環境WG

 建築基準法が平成15年7月1日に施行され、建築物への環境への規制が益々強くなる中、塗膜防水材ついても安全性を求められつつあります。技術委員会としても、この要望に対し昨年度1年間かけ、市場の動向、関係機関への調査を行い、環境WGが主体となり「表示申請登録実施要領」を作成し、ホルムアルデヒド「F☆☆☆☆」の自主認定機関として発足させる運びとなりました。 この認定制度は、表示申請登録を強制するものではなく、あくまでも自主認定のもとで、表示申請登録し、塗膜防水工法の安全性を明確に示すことにあります。

ウレタン建材29号でご紹介した、「表示申請登録実施要領」のpdf形式書類を下記よりダウンロードできます。

日本ウレタン建材工業会「ホルムアルデヒド自主規制表示申請要領」に基づき、表示申請登録委員会で審査した結果、承認登録された製品を紹介します。

ダウンロード

グリーン購入について

グリーン購入適合品<pdf書類掲載>

VOC(揮発性有機化合物)自主規制

ダウンロード