ウレタン防水の特性と可能性

ウレタン防水とは

ウレタン防水とはどのようなものなのかをご紹介します。 ウレタン防水(ウレタン塗膜防水工法)とは、ふつうの塗料よりやや粘り気があり、マヨネーズのような液状の材料です。基本的に主剤と硬化剤の2成分の液状材料が石油缶やオイル缶に入ったものを混合して施工するというもので、施工すると2つの成分が化学的に反応して徐々に硬化し、約1日かけて(季節や成分によって硬化時間は異なります)継ぎ目のないシームレスな防水層になります。ウレタン材料を屋上やベランダなどにコテや専用器具などで塗って防水層を形成する工法です。

他の防水と大きく異なるところは、継ぎ目のないシームレスな防水層に仕上げることができるというメリットです。 たとえ複雑な形状の屋上やベランダでも容易に施工できるという点です。マンションや工場屋根、競技場などさまざまな現場に使われています。

弾力性、伸縮性がある強靭な材料です。