ウレタン防水Q&A

※項目をクリックすると質問の応えがご覧になれます。

Q1-ウレタン防水とはどんなものですか?

液状のウレタン樹脂を下地に所定量を塗布して硬化させ、所定の厚さの防水層を形成させる工法です。
施工場所で主剤と硬化剤(あるいはA剤/B剤)を化学反応させてゴム弾性のある塗膜を形成します。
材料には2成分形、湿気硬化型の1成分形、スプレー方式による超速硬化形などがあります。
(参考:施工マニュアルP8

Q2-ウレタン防水の工期はどれくらいですか?

一般的には一工程で1日の硬化養生時間が必要となります。
バルコニーで一般的に使用されている例ですと、プライマーで1日、ウレタン防水2層で各1日、保護仕上げ塗料で1日、合計4日間程度が必要となります。
※その他、下地処理の工程が1日以上必要なります。また、施工時期や環境、材料特性により要する時間が変わります。

Q3-ウレタン防水の長所と短所を教えてください。

長所 : 弾性があり、伸びが大きい材料です。また液状の材料を塗布するため、複雑な箇所でも施工することが可能な特徴を持っております。
短所 : 下地の形状や施工技量により仕上がりに差が出る場合があります。また材料が硬化するまで時間が必要となります。
(参考:施工マニュアルP9

Q7-ウレタン防水の防水保証について教えてください。

防水保証は狭義の法的根拠はありませんが業界としては広義に民法の請負の「土地工作物 の瑕疵担保責任の存続期間」から最長10年としています。
ウレタン防水層の厚み、仕様等で保証期間が異なりますから、当事者間でお打ち合わせ下さい。

Q8-日常メンテナンス方法を教えてください。

土や枯葉などの堆積はウレタン防水層を早く劣化させる要因になりますので、常に清掃をしておくことが必要です。
汚れが落ちない場合は中性洗剤を薄めて軟らかい布で除去し、十分な水で洗い流して下さい。
施工部位にもよりますが、1ヶ月に一度は点検して土や枯葉などの堆積を除去することを推奨します。

Q10-ウレタン防水の施工時に騒音や臭いなどは発生しますか?

ウレタン樹脂の混練場所においてはハンドミキサーによるモーター音などが発生します。
またウレタン防水材は無臭ではありませんので、工事作業中は窓を閉め、必要に応じ換気口を塞ぐなどの処置を行い居室内への臭いの逆流を防止してください。

Q13-ウレタン塗膜防水の耐久性と改修方法は?

ウレタン塗膜防水の耐久性は、防水仕様(防水層の厚さなど)、メンテナンスの良否、屋上の使用状況などによって異なります。
標準的な例として、国土交通省X‐1仕様のケースを考えます。5年程度毎に1度保護を目的とした最上層の保護仕上塗料を再塗布していますと15年程度の耐久性(防水性能の保持)が可能です。X‐1仕様は脱気絶縁機能が前提ですので防水層にはフクレ、破断がない状態である筈です。したがって10~15年目の改修時には既存防水層の撤去や下地処理が要らずウレタン防水材の再塗布(2~3mmの増し塗り)のみで済みます。
このことは、改修工事としては大変簡単な工事であり工期は大幅に短縮でき、コストの点でも全面改修に比べ1/2ないし1/3のコストで済みます。他方、改修時に撤去廃材が出ないということは産業廃棄物処理および環境保全、資源有効利用の観点からも大いに評価されます。
以上の点からウレタン塗膜防水は10~15年目の改修時においても非常にメリットの大きい工法であると言えます。