ウレタン防水の施工事例

スポーツセンタープール 改修工事

タグ:|2021.1.22

  • 44-4-2-1
    施工前
  • 44-4-2-2
    施工後




施工箇所 プール
地域 東京都某区
規模 800 ㎡
コメント
○高強度・高耐久が特長の超速硬化ウレタンの施工を提案して採用されました。既存コンクリート下地の塗装材を撤去・研磨後、ピンホール対策に手塗ウレタンを塗布してから超速硬化ウレタンをスプレーしました。

店舗屋上駐車場改修工事

タグ:|2021.1.22

  • 44-4-1-1
    施工前
  • 44-4-1-2
    施工後




施工箇所 駐車場
地域 神奈川県川崎市
規模 約800 ㎡
コメント
○新築時にFRP防水層が採用されておりましたが、改修時には施工の手軽さと実績から高強度ウレタン塗膜防水駐車場工法が採用されました。

某物流倉庫

タグ:|2021.1.22

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    施工前
  • 44-3-2-2
    施工後




施工箇所 倉庫
地域 大阪府茨木市
規模 500 ㎡
コメント
○屋上に空調設備等が多数設置されていることからシームレスな防水層が形成できるウレタン塗膜防水が採用されました。既存下地はアスファルト防水押さえ工法で、下地の影響軽減の為、絶縁工法が採用されました。

M 社

タグ:|2021.1.22

  • 44-3-1-1
    施工前
  • 44-3-1-2
    施工後




施工箇所 工場床
地域 茨城県
規模 380 ㎡
コメント
○耐衝撃性・耐温水性が求められ、かつ食品を取り扱う工場であったため、環境対応型の硬質ウレタンでの床面工法が採用されました。

某ホテル屋上防水改修工事

タグ:|2021.1.22

  • 44-2-2-1
    施工前
  • 44-2-2-2
    施工後




施工箇所 宿泊施設
地域 広島県広島市
規模 140 ㎡
コメント
○既存防水が加硫ゴムシート断熱工法であり、ホテルの営業を継続しながらの施工となるため、作業音を最小限に抑えつつ断熱性能を維持復旧することが可能なウレタン塗膜防水絶縁断熱工法が採用されました。

某大学 屋上

タグ:|2021.1.22

  • 44-2-1-1
    施工前
  • 44-2-1-2
    施工後




施工箇所 教育施設
地域 東京都
規模 1,000 ㎡
コメント
○屋上に空調架台や手すり基礎等が多数設置されていた事からシームレスな防水層を形成出来るウレタン塗膜防水絶縁工法が採用されました。

某庁舎改修工事

タグ:|2021.1.22

  • 44-1-2-1
    施工前
  • 44-1-2-2
    施工後




施工箇所 庁舎
地域 岐阜県
規模 400 ㎡
コメント
○改修前はゴムシート防水の建物でしたが、撤去工事、発生残材の低減などの観点から、ウレタン塗膜防水の機械固定工法が採用されました。

某放送局イノベイティブ メディアセンター本館新築工事

タグ:|2021.1.22

  • 44-1-1-2
    屋上(新築)
  • 44-1-1-1
    外観(新築)




施工箇所 放送局
地域 岡山県岡山市
規模 6,200 ㎡
コメント
○超速硬化ウレタンによる屋上軽量化、トータルコストダウン、工期短縮と緑化部分はポリウレアによる耐久性が加味され採用されました。

某住宅車庫屋上

タグ:|2020.1.29

  • 43-4-3-1





施工箇所 戸建住宅
地域 福島県いわき市
規模 27 ㎡
コメント
○既存がウレタン塗膜防水であり、工期短縮、省力化の要望があったため、1成分形ウレタン塗膜防水材と1日で施工完了可能な硬化促進剤を組み合わせた工法を提案し、採用されました。

某ホームセンター駐車場 防水工事

タグ:|2020.1.29

  • 43-4-2-1





施工箇所 駐車場
地域 埼玉県本庄市
規模 10,000 ㎡
コメント
○防水層が軽量であり構造体への負担軽減、施工の手軽さと25 年以上の実績から高強度ウレタン塗膜防水駐車場工法を提案して採用されました。
1 / 1112345...10...最後 »