庁舎など|ウレタン防水の施工事例

某港湾施設屋根新築工事

タグ:, |2016.2.9

  • 39-1-1-1
  • 39-1-1-2




施工箇所 港湾施設
地域 神奈川県藤沢市
規模 2,700 ㎡
コメント
○施工場所が海風、陸風が発生する海岸沿いのため施工時間が制限されること、及び極端な変形屋根への均一な膜厚確保を考慮して超速硬化スプレー工法が採用されました。

庁舎屋根改修工事

タグ:|2014.4.9

  • 35-5-3-1
  • 35-5-3-2
  • 35-5-3-3



施工箇所
地域 島根県益田市
規模 1,500㎡
コメント
機械室屋上は既存下地がシート防水材であったため、既存防水層の撤去が最小限で済む機械的固定工法をご提案してご採用いただきました。また、工事全体として役物が多いことを考慮し、ウレタン防水層には施工性に優れた超速硬化ウレタン(スプレー)をご提案してご採用いただきました。

某役場庁舎屋根改修工事

タグ:|2014.4.9

  • 35-5-2-1
  • 35-5-2-2

  • 35-5-2-3
  • 35-5-2-4

施工箇所
地域 北海道
規模 1,400㎡
コメント
既存シート防水層は断熱仕様でなかったため、改修工法として断熱効果の高い外断熱のウレタン塗膜防水機械的工法断熱仕様、立上り部には工期と省力化に貢献する一液性ウレタン防水工法をご提案してご採用いただきました。

某職業訓練校改修工事

タグ:|2014.4.9

  • 35-5-1-1
  • 35-5-1-2

  • 35-5-1-3
  • 35-5-1-4

施工箇所
地域 東京都府中市
規模 3,000㎡
コメント
既存防水は、屋上がアスファルト防水保護コンクリート工法、下階屋上となる植栽部分は歩行部が屋上同様仕様で仕上に自然石透水舗装が施工してありました。 改修工法では屋上が超速硬化ウレタン通気緩衝工法、学生の憩いの場として利用される下階屋上歩行部は超速硬化ウレタン+自然石透水舗装、植栽部には超速硬化ウレタン+ポリウレアをご提案してご採用いただきました。
1 / 11