技術情報technical

施工に関する情報

ウレタン塗膜防水の各種試験
各種接着試験の概要

 新築の防水工事における下地は,コンクリートやモルタル等を用いて平滑に整えられているが,改修工事となると既存防水層や保護層には多くの種類があり,表面も様々な材質や塗料等で仕上げられている。更に,経年による劣化の進行や部分補修の実施,全面改修工事の実施等で建物の防水の部位ごとに状態が異なる等複雑になる。一般的に既存防水層がウレタン塗膜防水の場合,専用のプライマーを用いれば重ね塗り可能だが,ウレタン塗膜防水材の優れた特性から異種防水材や,その上の表面塗装材,外壁塗料等へ直接施工することが増えている。プライマーは下地や用途別に様々な種類が用意されているが,不適切なプライマーを使用すると接着力が得られず,剥離やふくれ等を起こしてしまうことがある。従って,既存下地の種類や劣化状況によっては,事前にプライマーの接着確認を行うことがある。その試験方法としてはクロスカット法(JIS K 5600-5-6),またはピーリング試験法(官能試験)がある。また,既存防水層が下地に対して十分な接着力を保持しているかも重要なポイントとなるので,必要により既存防水層の付着試験[建研式付着試験]を実施することも検討する。

 近年,絶縁工法のひとつとして通気緩衝シートをアンカーで固定し,下地と縁を切って施工する機械的固定工法がある。この工法は下地処理が軽減できることから,工期短縮と工事費用削減が可能な工法として注目されてきた。採用する場合には,アンカーが固定される下地までの距離,耐風圧等を考慮したアンカーの長さや太さ,ピッチ(間隔)等を検討する。打ちつけたアンカーに十分な強度が得られるかが最も重要なポイントとなるため,アンカーの引抜き試験を行うことが望ましい。

各種試験方法

(1)プライマーの付着力確認試験

  • クロスカット法 JIS K 5600-5-6
  • ピーリングによる付着試験(官能試験)

(2)既存防水層の接着試験

  • 建研式引張り試験

(3)アンカー引き抜き試験

  • 【参考】水分測定

建研式引張り試験中

アンカー引抜き試験中